キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル
年齢肌対策・小顔リフトアップ・痩身・肌質改善・体質改善
群馬県隠れ家エステティックサロン&スクールFINO~フィーノ~
オーナー樋口真奈美プロフィール

樋口真奈美

群馬県邑楽郡大泉町にあります、

看板の無い隠れ家エステティックサロン、FINO(フィーノ)です。

エステティックサロンって、どんな人が担当するのか気になりますよね?

キレイなお姉さん? 怖いイメージの人?


全くそんなことはありません

軽く自己紹介させて頂きます。


この仕事を始めたきっかけは・・・?

「自分が痩せたいから」でした。


元々食べることが大好きで、小さい頃からぽっちゃりしていた私。
高校卒業後、ホテルマンの専門学生として上京。

東京での不規則な生活をおくるうちに、8か月で10kg増。

思い描いていたホテルマンとの理想と現実のギャップに戸惑い、

専門学校を退学。地元の栃木県足利市に帰郷しました。


何か仕事を探すにしても、増えすぎた体重とサイズを戻そうと、

個人エステにお試しに行きました。

ニート状態でしたので、その後のエステに通うお金もなく、

コースのオススメをお断りしました。
 

しかし、この時の個人サロンオーナーさんと意気投合。
「じゃあうちで働けばいいじゃない」
と誘われて、時給580円で雑用係として働く事になりました。



この時はエステで働きたいなんて気持ちは全く無く、
働きながら痩せられれば一石二鳥!なんて軽い気持ちでした。
 

この個人エステは、マンションの1室で営業していた

ベット2台の小さなサロンでした。

しかしバブルの影響もあってか、

お客様はどんどん増えて予約がパンク状態。

この頃の私の仕事は、お茶出し、ベットメイクに掃除、

買出し、オーナーの犬の散歩など。


やがて、マンションの1室での営業だったのが、

もう1室借りての営業に拡大しました。

フェイシャルのお客様はこっち、

ボディのお客様はあっちと、行ったり来たり。

この頃から、

「一緒に脚入って~」
「クレンジングやってて~」

などと言われ、

何の研修も無くお客様の施術に入るようになりました。

最初はおっかなびっくりでしたが、オーナーや店長の手技を

見よう見まねでやっているうちに、楽しくなってきました。

 

樋口真奈美


サロンは大繁盛していました。
働き始めて1年起った頃、隣の市に支店を出すことになりました。

そして、新店舗の店長を任せられることになりました。



若干20歳のころです。
思い切りのいいオーナーでした。


新店舗はスタッフ7名、全員年上。

非常にやりずらい状況でしたが、とても勉強にはなりました。

なぜだか経営は順調で、更にもう一店舗増えて株式会社になりました。


この頃にはすっかりエステの仕事が楽しくなっていました。

それと同時に、何の知識も基本技術も無い自分に不安を覚え、

大手サロンへ転職しました。

樋口真奈美


研修がしっかりしていると思っての転職でしたが、

経験者ということで研修は後回し。

サロン配属初日に新規のお客様を担当することに。

思い描いていた大手サロンとは違いました。
 

以前の個人サロンが懐かしくなり、もう一度最初の個人サロンに復職。

数年勤めましたが、会社倒産・社長夜逃げなどを経験して退職。


それからは、フェイシャル専門店や痩身専門サロン、

トータルサロンなどを転々とし、

13年間エステティシャンとして勤務してきました。

店長やトレーナー、エリアマネージャーなどを経験し、

人事や育成の仕事も携わりました。



色々なサロンを見てきて・・・

「本当にいいもの(商品・商材)・いい技術・誠実な対応をするサロンを作りたい」

との思いから、2007年に独立しました。


他のお客様に会うことはなく、ご予約の時間帯はお部屋を貸切状態。

周りの目を気にすることなく、あなたの為だけの空間・時間を満喫して頂きたい。


そんなこだわりから、看板の無い隠れ家サロンにしました。

そして、1日3名様限定のサロンにしました。
 

 

FINO(フィーノ)とは、イタリア語で

「本物の・・・、真実の・・・」などの意味があります。

合計8社のサロンで働いてきました。

あまりにもいい加減な技術や対応、

衛生管理やしつこい勧誘などをたくさん見てきました。



自分のサロンを持つ時は

「本物のエステティックを追求して提供したい」

「お客様に対して誠実でありたい」

と思い、FINO(フィーノ)と名づけました。


オープン当初、先の見えない不安に押し潰されそうにもなりました。

独立前の勤務サロンで「退職後2年間は同業に就かない」

という誓約書があったので、

宣伝もできずツライ状況でのオープンでした。

とりあえず1年我慢しました。
 

1年経って「このままではいけない」と、ブログを始めました。

ブログがきっかけで、たくさんのお客様にお越し頂けました。

お客様からたくさんの新しいお客様をご紹介頂きました。

オープンから3年経った頃、

ご新規のお客様はお断りさせて頂いている状態になりました。



さて、エステ業界に入るきっかけの「自分が痩せたいから」
というのは未だ健在ではありますが(笑)

今年で業界22年。

 


更なるレベルアップを目指して、日々勉強中です。

こんな私ですが、あなたの専属エステティシャンとして、

お肌や体・気持のメンテナンスなどお役に立てれば幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

生粋のエステティシャンこと樋口真奈美